2010年06月07日

心療内科に早めに行きましょう

この学説では、このようなストレス状態は主として内分泌系、特に脳下垂体、副腎皮質系が主役を演ずるものとし、ある種の循環器 心臓血管系、腎臓、関節等の疾患の原因は、この反応に深い関係を有しているとした。寒冷、暑熱、放射線、筋労作、炎症、感染、酸素欠乏、怒り、不安などの物理的、化学的、精神的な負荷は全てストレスの要因となり得る。ストレスとは、生物学的には何らかの刺激によって生体に生じた歪みの状態を意味している。 心療内科 福岡で悩みを解消しましょう。心療内科(しんりょうないか) 診療科の名称の一つ。日本では、元々医療用語として英語の用法に倣った意味で使用されていたが、一般にはこの語が「減量のための食餌制限」として限定的に使用されることが多く、また「痩せる」という部分のみに注目されて変質した「ダイエット=減量・摂生」という意味で誤用された。ハンス・セリエ(1907年〜1982年)はこの非特異的生体反応を系統的な一連の反応として捕らえストレス学説を提唱した。
【関連する記事】
posted by ビル at 14:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。