2010年06月22日

心療内科の利用方法

アメリカ合衆国の操作的診断基準である精神障害の診断と統計の手引き DSM-IV-TRでは、「大うつ病性障害」(英語:major depression)と呼ばれている。交感神経が好中球を、副交感神経がリンパ球に作用しているという仮説をバックグラウンドに、交感神経側、あるいは、副交感神経側に偏った自律神経の働きを中庸にもどすことで、慢性疾患は治る可能性が高くなり、癌も消滅する可能性が高くなる、とする。自律神経免疫療法とは新潟大学医学部医動物学講座教授である安保徹と臨床医である福田稔が考案した慢性疾患に対する治療法、代替療法、統合医療のひとつ。かつて日本で主流であったドイツ精神医学では、精神疾患を大きく外因性、内因性、心因性と原因別に分類し、うつ病はその中でも内因性うつ病という名で内因性疾患に分類されていた。 松山市の企業 うつほや。現代社会には疲労を引き起こす要因が多く存在すると言われている。疲労(ひろう、Fatigue)は、物体が力学的応力を継続的に、あるいは繰り返し受けた場合にその機械的強度が低下する現象。
posted by ビル at 16:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。