2010年06月22日

心療内科の利用方法

アメリカ合衆国の操作的診断基準である精神障害の診断と統計の手引き DSM-IV-TRでは、「大うつ病性障害」(英語:major depression)と呼ばれている。交感神経が好中球を、副交感神経がリンパ球に作用しているという仮説をバックグラウンドに、交感神経側、あるいは、副交感神経側に偏った自律神経の働きを中庸にもどすことで、慢性疾患は治る可能性が高くなり、癌も消滅する可能性が高くなる、とする。自律神経免疫療法とは新潟大学医学部医動物学講座教授である安保徹と臨床医である福田稔が考案した慢性疾患に対する治療法、代替療法、統合医療のひとつ。かつて日本で主流であったドイツ精神医学では、精神疾患を大きく外因性、内因性、心因性と原因別に分類し、うつ病はその中でも内因性うつ病という名で内因性疾患に分類されていた。 松山市の企業 うつほや。現代社会には疲労を引き起こす要因が多く存在すると言われている。疲労(ひろう、Fatigue)は、物体が力学的応力を継続的に、あるいは繰り返し受けた場合にその機械的強度が低下する現象。
posted by ビル at 16:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

心療内科に早めに行きましょう

この学説では、このようなストレス状態は主として内分泌系、特に脳下垂体、副腎皮質系が主役を演ずるものとし、ある種の循環器 心臓血管系、腎臓、関節等の疾患の原因は、この反応に深い関係を有しているとした。寒冷、暑熱、放射線、筋労作、炎症、感染、酸素欠乏、怒り、不安などの物理的、化学的、精神的な負荷は全てストレスの要因となり得る。ストレスとは、生物学的には何らかの刺激によって生体に生じた歪みの状態を意味している。 心療内科 福岡で悩みを解消しましょう。心療内科(しんりょうないか) 診療科の名称の一つ。日本では、元々医療用語として英語の用法に倣った意味で使用されていたが、一般にはこの語が「減量のための食餌制限」として限定的に使用されることが多く、また「痩せる」という部分のみに注目されて変質した「ダイエット=減量・摂生」という意味で誤用された。ハンス・セリエ(1907年〜1982年)はこの非特異的生体反応を系統的な一連の反応として捕らえストレス学説を提唱した。
posted by ビル at 14:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。